妊娠 葉酸 おすすめ

MENU

妊娠する前から摂取したいおすすめの葉酸

赤ちゃんが欲しいと願う女性であれば、お腹に赤ちゃんが宿る前から
葉酸の成分を積極的に摂取することが大切です。

 

妊婦さんにとって、必要な栄養素として定着してきていますが
おすすめは妊娠する前からの摂取です。

 

細胞情報が集結しているDNA合成のために、必要不可欠なビタミン成分です。
正常にDNA合成が分裂していき、増えていって、赤ちゃんは順調に成長ができるようになります。

 

胎児の神経や脳をつくる期間というのは、妊娠して3ヶ月目までになります。
この大切な時期に、体内において葉酸の栄養成分が足りなくなると、とても困ったことになります。

 

脳における働きや、神経における先天性異常であったり
障害などいくつものリスクが高まることになるためです。

 

日本人における計画していなかった妊娠の割合というのは、50%を超えています。
そのため、赤ちゃんを宿したことに気がつかないまま、初期の段階を過ごすこともあります。

 

自分でやっと気がついた時には、3ヶ月を超えていたということになるパターンもあります。
栄養指導のチャンスも、母親教室などでありますが、それも6ヶ月目以降のことです。

 

できるだけ早い段階から、摂取をしておきたい成分です。

 

あとは妊娠線を出来にくくするのに葉酸が効果があるとも言われています。
葉酸が配合されている妊娠線クリーム 人気なのでこれから妊娠線クリーム選びをする際に参考にしてみてはいかがでしょうか??


妊婦さんにおすすめは葉酸サプリ

葉酸の成分は、妊娠が分かってからではなく、これから妊娠の可能性を秘めている
若い女性事意識的に摂取しておくと良い成分です。

 

野菜の刃物に豊富に含まれる成分で、グリーンの葉野菜は
食事のメニューにも加えるとよいでしょう。

 

日本の食事摂取基準では、1日に240μg載せsy酢を推奨しています。
妊婦さんの場合は、更に240μgですから、合計して480μgの量を摂取することになります。

 

ほうれん草で食べるなら、1束は必要ですし、食感も美味しいアスパラガスだと
なんと16本も食べる必要があります。

 

毎日の食事でこの量を食べるのは、かなり困難なものです。
特にあなかに赤ちゃんを宿したら、つわりもありますし、食欲があまりない日も出てきます。

 

そのため、妊婦さんには、サプリメントでの摂取がおすすめになります。
厚生労働省によると、フレッシュな食材から摂取できるモノに加えて
1日0.4mg、つまり400μgを、葉酸サプリメントなどでの補給をおすすめしているのが現状です。

 

妊娠期間は、何事もバランスが必要になります。血液の流れも増加する時期なので
鉄分も必要ですし、カルシウムも必要です。

 

 

葉酸とともに、ほかの栄養成分の摂取にも気をつけましょう。